【うたプリ炎上まとめ】上松範康のエイプリルフール企画「バクプリ」がガチだった!

2023年4月1日、『うたプリ』の原作者・上松範康(あげまつ のりやす)さんが、Twitterで発表した新プロジェクト『バクプリ』が大炎上しています。

「ハッピーエイプリルフール」という言葉と共に発表され冗談かと思いきや、ガチ企画であり、うたプリファン(プリンセス)が大激怒しています。

上松範康さんはこの状況に「心が折れた」と活動休止を発表し、さらに炎上しています。

そこで今回は、『うたプリ』『バクプリ』のエイプリルフール2023の炎上事件について、時系列でまとめてお伝えします。

どうぞ最後までお付き合いください。

目次

うたプリ炎上の理由は「プリンセス」を軽視

出典:Twitter

2023年4月1日に『うたプリ』運営から、

『バクプリ』こと『うたの☆プリンセスさまっ♪ BACK to the IDOL』の新プロジェクトが発表されました。

『うたの☆プリンさまっ♪』の制作陣である、ブロッコリーとElements Gardenが共同プロデュースする新時代新次元プロジェクト!

ということで、「うたプリの制作陣から、女性アイドルグループが爆誕!?」と、うたぷりファンから困惑と激怒の声が大量に届きました。

2023年のエイプリルフール企画で炎上した理由はたくさんありますが、そもそもの理由はこの2つ。

  • 『うたの☆プリンセスさまっ♪』と、うたぷりファンの愛称「プリンセス」がタイトルに入っていること
  • 『うたプリ』の世界線に見知らぬ女性アイドルグループが誕生することに嫌悪感

2010年に誕生した『うたプリ』は13年に渡りプリンセスたちに愛されてきた作品でありながら、

「プリンセス」という言葉の重みを理解していない!

「プリンセス」を何だと思っているの?

と、「プリンセス」の存在を軽視したことから炎上事件が始まりました。

ではこの『うたプリ』エイプリルフール2023の炎上事件を時系列で見ていきましょう。

うたプリ炎上時系列まとめ!

出典:Twitter

この『うたプリ』エイプリルフール2023炎上事件を時系列でまとめました。

『うたプリ』『バクプリ』炎上時系列まとめ!

【2023年4月1日】
上松範康氏が「ハッピーエイプリルフール」という言葉と共に『バクプリ』企画を発表
  ↓
うたプリファンが『バクプリ』企画に「冗談でも発表してはいけない地雷案件!」と激怒
上松範康氏へ批判ツイートが大量に届く
  ↓
『バクプリ』は冗談ではなく本物の企画だった
  ↓
【2023年4月2日】
上松範康氏が「心が強く折れてしまいました」とツイート
「今の気持ちでは嘘のない作曲は出来ない」と『うたプリ』の作曲休止を宣言
  ↓
『うたプリ』を人質にしたとさらに炎上
  ↓
【2023年4月3日】
『うたプリ』運営会社㈱ブロッコリーの株価が暴落
上松範康氏がTwitterのプロフに「炎上、うぅ」と書き、さらに炎上
  ↓
【2023年4月4日】
冨田明宏氏が上松範康氏を擁護ツイート
うたプリファンから大量の批判ツイート

では、詳細を見ていきましょう。

上松範康が『バクプリ』発表

出典:Twitter

2023年4月1日、上松範康さんが自身のTwitterで『バクプリ』企画を発表しました。

ツイートには、

ハッピーエイプリルフール☆

と書かれていたため、冗談なのか、本気なのかわからず、ファンは困惑。

そんな中、「冗談でも発表してはいけない地雷案件!」と激怒するファンも多く、“プリンセス”の気持ちを踏みにじるエイプリルフール企画でした。

しかし、これはガチであり、なんと2008年から『うたプリ』と同時に温めていた企画だったと判明!

『バクプリ』公式から、YouTubeが公開されたり、キャストのオーディションが発表され、すでにかなり進んでいた企画であることがわかりました。

『バクプリ』の動画などを見たファンからは、

  • キャラクターデザインがかわいい
  • YouTube動画のクオリティが高い

と、かなりお金と時間をかけた企画であることにも驚き、それ以前に、

運営は企画段階で、“プリンセス”に受け入れられないことがわからなかったのか?

「“プリンセス”の気持ちが全然わかっていない」ことでも炎上しました。

これらの理由で原作者・上松範康さんのTwitterには、批判の声が殺到します!

上松範康が作曲休止を宣言

『うたプリ』原作者・上松範康さんへは、“プリンセス”から大量の批判ツイートが届き、

それに対し、上松範康さんも自身の気持ちを大量にツイートしています。

上松範康さんの大量ツイートはツリーにもなっておらず、読み辛いので一部を抜粋して紹介します。

上松範康さんは、「うたプリ公式ではなく、一個人のコメント」と前置きした上で、

『バクプリ』制作発表した際のリプライを多数読ませていただきました。
『うたプリ』の企画が止まらないよう頑張って来れたのは、ファンの声援があったから。
しかし、今回は心が強く折れてしまいました。
ファンの言葉がきっかけだが、原因は自分の問題。
  ↓
結論、少し『うたプリ』の作曲・作詞を休みます

と、『うたプリ』の制作を休止宣言しました。

これには、「うたプリを人質にした!」と批判が殺到!

『うたプリ』に期待されている企画がたくさんある中、

新キャラ『バクプリ』を推さないなら、『うたプリ』の新曲も作らない

といったようにも捉えられ、さらに炎上することになりました。

出典:Twitter

また、上松範康さんは『バクプリ』について、

  • プリンスさまとプリンセスさまはどちらも無くては生まれなかったものなので、『プリンセス』の名前は変えることができない。
  • 『バクプリ』は『うたプリ』とは混じらない世界線にある。

と後に説明し、『バクプリ』のタイトル「プリンセス」にこだわる方針にも、ファンには理解を得られませんでした。

上松範康がTwitterに「炎上、うぅ」

炎上から週が明けた2023年4月3日、『うたプリ』の運営会社・株式会社ブロッコリーの株価が暴落しました。

長年のうたプリファンは、株主である人も多く、この事態に激怒しています!

株価にも影響が出るほど、炎上が収まることがなく、

上松範康さんはTwitterのプロフ欄に、

炎上。うぅ

と、追加していることが判明しました。

これには、

「ファンを煽っているのか?」
「心折れた人が書くことではない!」

と、さらに炎上

火に油ですね…

現在この部分はすでに削除されています。

冨田明宏が上松範康を擁護ツイート

2023年4月4日、上松範康さんと親交のある音楽プロデューサー・冨田明宏さんが、上松範康さんについてツイートしました。

うちのボスですが、私は信じてます。
何も変わらずに。
本当に何も変わらない。

大丈夫です。

このツイートが『上松範康擁護』と捉えられ、「火に油」状態の上にさらに「薪を焚べる」行為で、ファンは激怒!

第三者が首を突っ込む案件ではなかったですね。

ファンからは、

  • 上松範康さんには変わってほしいんですよ。
  • 全然大丈夫じゃないです。

と、意見するリプがたくさん届いています。

ここまで、現時点での『うたプリ』『バクプリ』炎上事件について、時系列でまとめてお伝えしました!

13年もの間『うたプリ』を愛してきたファン“プリンセス”の気持ちを全く理解していない、新プロジェクト『バクプリ』

この後どのように落ち着くのか、今後の動きも注視していきたいと思います!

うたプリ炎上まとめ!

今回は、2023年エイプリルフール企画の、「うたプリ・バクプリ炎上事件」を時系列でまとめてお伝えしました。

制作運営サイド、原作者・上松範康さんと、ファンとの間で勃発した炎上事件ですが、

長年『うたプリ』を支えてきたファン“プリンセス”の気持ちをもう少し考えた上で、発表していただきたかったと思います。

今後の動きも追っていきます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

目次
閉じる