宝塚歌劇団がファンアートのSNS投稿を禁止にした5つの理由!宝塚に不利益や悪質な投稿があった?

【宝塚歌劇団】より、「ファンアートをSNSに投稿することを禁止にする」という旨のアナウンスを掲載していることが、話題になっています。

SNSでファンアートを楽しんでいたファンにとって、公式で禁止されたことに、衝撃が走っています。

そこで今回は、宝塚歌劇団がファンアートのSNS投稿を禁止にした5つの理由、またファンの反応について、お伝えします。

どうぞ最後までお付き合いください。

目次

宝塚がファンアートSNS投稿禁止に

宝塚歌劇団の公式HPに、

ファンアート(イラスト化)をSNSに投稿することを禁止にする

との内容を、「質問・お問い合わせ」のページに掲載していることが発覚しました。

公式の発表がこちら。

出典:公式HP

要約すると、

宝塚歌劇団の出演者のイラスト化に関しても肖像権やパブリシティ権の侵害にあたる可能性がある

ということで、個人で所持することに制限はありませんが、

  • 個人のHPやブログ掲載
  • Twitter、Instagram等のSNSへの投稿
  • SNSのアイコン、ヘッダーでの利用
  • 印刷物への掲載
  • その他許可のない掲載

は、権利侵害にあたるため、全面的に禁止ということです。

この宝塚の発表に、ファンからはさまざまな意見が出ています。

では、宝塚がファンアートを禁止にした理由について、見ていきましょう。

宝塚がファンアートSNS投稿禁止にした理由5つ

宝塚がファンアートのSNS投稿を禁止にした理由を5つにまとめました。

  1. 悪質なファンアートがあったため
  2. 宝塚が不利益を受けた?
  3. ダメと答えるしかなかった
  4. 宝塚に権利があるのは当然
  5. AI画像生成対策?

では一つずつ詳細を見ていきましょう。

悪質なファンアートがあったため

まずは、ファンアートの中に、悪質なものがあったという意見が出ています。

ジェンヌに、お正月食べすぎて体重増えちゃった」みたいなこと言わせてる妄想漫画とか正直すごく不快だった

このように、ファンアートの中には、演者を利用して事実とは異なる漫画を創作し、投稿しているものがあったようです。

演者のイメージ悪化に繋がるような悪質なものだけを排除するのは難しいですよね。

宝塚が不利益を受けた?

宝塚が公式にファンアートSNS投稿を禁止した背景には、

宝塚が不利益を受ける事態があったのでは?

と推測する意見も出ています。

https://twitter.com/pryk0zuka/status/1649024989772021760?s=20

具体的な宝塚が不利益を受けた事案を見つけることはできませんでしたが、公式でこのように発表することは、裏で何か不利益を被る事態があった可能性がありますね。

ダメと答えるしかなかった

このHPの質問・お問い合わせのコーナーを見ると、ファンからの質問があって、それに答えた形になっているため、

ファンから「ファンアートをSNS投稿していいですか?」と聞かれると、「ダメです」と答えるしかできなかったのだろう

という意見も出ています。

ファンアートについて、どこまでOKという線引きが難しいため、一律に「禁止」と答えざるを得なかった可能性があります。

二次創作に関しても、公式は目を瞑っている場合が多いですもんね。

通常であれば「常識の範囲内で」という暗黙の了解がありますが、

ファンから直球で質問されると、グレーゾーンを設置することは難しいため、白黒付けた結果「禁止」になったのだと思われます。

権利が宝塚にあるのは当然

そもそも、

「著作権」「肖像権」「パブリシティー権」は全て宝塚にあるもので、権利侵害は法律違反であるため、ファンアートのSNS投稿禁止は当然

と言う意見も出ています。

宝塚の演者や作品を守るために、宝塚が一律で禁止することは当然の権利と言えますね。

AI画像生成対策?

最後は、AIでの画像生成対策では?という意見も多く出ていました。

昨今AI画像生成の画像が大量に出ており、今後の対策として、ファンアートを禁止にした可能性も出ています。

AI画像生成については、先日、世界最高峰の写真コンテスト「Sony World Photography Awards」で、AI生成された写真が入賞し、作者が受賞を辞退したケースや、

VTuberが、絵師の許可を得ずAI化した画像を利用し問題となっているケースもあります。

まだ、法律が整備されていない分野でもあり、事前に対策した結果なのかもしれませんね。

以上が、宝塚がファンアートのSNS投稿を禁止にした5つの理由でした。

宝塚のファンアート禁止についてファンの反応

この宝塚のファンアートSNS投稿禁止について、ファンたちは賛否両論意見が出ています。

賛成派

賛成派の意見はこちら。

https://twitter.com/murai_r/status/1649273558252818433?s=20

賛成派のファンの方たちは、

  • 演者を守るためなら賛成!
  • 大きな問題が起きる前に対策するのは良いこと
  • 宝塚が決めたことなのでルールに従います

と、宝塚が決めたことに異論はないようです。

残念派

ファンの中には、「ファンアートがきっかけで、宝塚を見に行った」という意見も多くあり、「SNS投稿全面禁止は残念」という意見も出ています。

TwitterやInstagramのファンアートが、宝塚の新たなファン獲得にも一役買っていたのも事実のようですね。

宝塚のファンアートSNS投稿禁止まとめ

今回は、宝塚歌劇団が公式HPで発表した、ファンアートのSNS投稿禁止について、その理由5つをお伝えしました。

ファンの間では衝撃が走っていますが、賛成派、残念派と意見はさまざまなようです。

最も、演者や作品を守るために必要なことなので、公式ルールに則って楽しんでいきたいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

目次
閉じる