篠原涼子『恋しさと切なさと心強さと2023』原曲とリメイクの違いは?

2022年紅白歌合戦に、28年ぶりに出場される篠原涼子さん

自身の大ヒット曲『恋しさと切なさと心強さと』をセルフカバーし、『恋しさと切なさと心強さと 2023』を歌うと発表されています。

90年代の小室サウンドを代表する名曲が、どのようにアレンジされたのでしょうか?

そこで今回は、1994年の『恋しさと切なさと心強さと』と、2022年に発表された『恋しさと切なさと心強さと2023』の違いについて、調べてみました。

また、2022年なのに、なぜ『2023』なのかについてもお伝えします。

どうぞ最後までお付き合いください。

目次

『恋しさと切なさと心強さと』は1994年のヒット曲

出典:Amazon

『恋しさと切なさと心強さと』は、

1994年公開のアニメ映画『ストリートファイターⅡ MOVIE』の主題歌として、タイアップしており、

映画のヒット共に、曲も大ヒットとなりました。

当時どれほど流行していたか、その輝かしい実績をご紹介します。

  • オリコンシングルチャートで1位(1994年10月10日付)
  • オリコン年間シングルチャートで3位(1994年)
  • CD売上は、累計202万枚を超える大ヒット
  • 当時女性ソロアーティストで初めてのダブルミリオン達成
  • 「第36回日本レコード大賞」優秀賞など、数々の受賞歴あり
  • 1994年紅白歌合戦に初出場

『恋しさと切なさと心強さと』は、1994年7月21日にリリースされ、

オリコンチャートで、

  週間1位(通算2週)
  月間1位(1994年9月、10月度)
  年間3位(1994年度)

と、1994年のランキングを席巻したシングル曲でした。

当時、カラオケでもみんな歌ってたよね。

当時では、女性ソロアーティストとして、初めてのダブルミリオン作品(200万枚以上の売り上げ)となりました。

(その後、安室奈美恵さんの『CAN YOU CELEBRATE?』、宇多田ヒカルさんの『Automatic』がダブルミリオン達成しています。)

2022年のリメイクにあたり、篠原涼子さんは、

「恋しさと せつなさと 心強さと」は自分の人生を変えてくれた曲で、
小室哲哉さんがこの曲を与えてくださらなければ、この仕事をやってなかったかもしれないと思うくらい、小室さんに出会えて心から感謝しています。

引用:THE FIRST TIMES

『恋しさと切なさと心強さと』は自分の人生を変えてくれた曲

と話すほど、篠原涼子さんのその後の歌手、俳優としてのキャリアの礎となったことがわかります。

出典:Twitter

1994年、この曲の大ヒットから、篠原涼子さんは紅白歌合戦に初出場されました。

篠原涼子さんは当時21歳!
衣装もかわいくて、みんなの憧れだったよね。

『恋しさと切なさと心強さと2023』と原曲の違いは?

出典:THE FIRST TIMES

今回、小室哲哉さんと篠原涼子さんが再タッグを組み、2022年9月17日に『恋しさと切なさと心強さと2023』をリリースしました。

原曲『恋しさと切なさと心強さと』と、『恋しさと切なさと心強さと2023』を聴き比べ、

原曲と違うところ、同じところをまとめました。

原曲と違うところ
  • 小室哲哉がリアレンジ
  • 篠原涼子が新たに歌い直し
原曲と同じところ
  • 歌詞は同じ
  • キーも同じ
  • 曲の長さも同じ

詳細を見ていきましょう。

原曲と違うところ

出典:Amazon

まず、小室哲哉さんが曲をリアレンジされており、原曲の昭和ディスコ風から、見事に現代風に変化しています。

小室さんのコーラスは、原曲より抑え目になっています。

篠原涼子さんの声は28年経っても艶があり、原曲より落ち着きがあり、重厚感を感じる歌声です。

そんな篠原涼子さんの歌声と、小室哲哉さんのアレンジがマッチして、まさに現代版『恋しさと切なさと心強さと』!!

原曲も今聞いてももちろん素晴らしいですが、

『恋しさと切なさと心強さと2023』は原曲を超えて、進化したバージョンだと言えます。

原曲と同じところ

出典:Twitter

原曲と同じところは、歌詞・曲のキー・曲の長さです。

曲の歌詞は、小室哲哉さんが当時の思い入れが強く、敢えて変えなかったようです。

また、28年経っても曲のキーを変えずに歌った篠原涼子さんの歌唱力にも注目です。

篠原涼子さんは昨今、歌手としての活動はほぼされていなかったにもかかわらず、

このキーを保ち、衰えることのない歌声と、声量を披露されたことに絶賛の声が集まっています。

1994年の大ヒットを知っている世代からすると、期待の声が大きいけど、期待の上を行くアレンジに感動する人が続出しているよ。

『恋しさと切なさと心強さと2023』2022年なのになぜ2023?

出典:Twitter

『恋しさと切なさと心強さと2023』は2022年9月17日にリリースされましたが、『2023』となっているのは何故なのでしょうか?

理由は、『恋しさと切なさと心強さと2023』は、対戦型格闘ゲーム「ストリートファイター6」のイメージソングに起用されており、

このゲームが2023年に発売予定となっていることから、『2023』と付いているようです。

ゲームの発売に先駆けて、曲がリリースされたんだね。

こうして、リメイクされた『恋しさと切なさと心強さと2023』が披露され、28年ぶりに大きな話題となっています。

『恋しさと切なさと心強さと2023』はどれくらい売れた?

出典:Twitter

ところで、篠原涼子さんは28年ぶりの紅白歌合戦出場となりますが、『恋しさと切なさと心強さと2023』はそれほどヒットしたのでしょうか?

調べてみると、2022年9月17日付のオリコンデイリーデジタルシングルランキングで、1位を獲得していました。

『恋しさと切なさと心強さと2023』はCDのリリースはなく、デジタル配信のみで、

リリース日にオリコンランキング1位を獲得するほど、注目度が高ったと言えます。

紅白出場も納得だね。

紅白では、小室哲哉さんがピアノ伴奏で一緒に出演する予定だよ!

『恋しさと切なさと心強さと2023』まとめ

今回は、28年ぶりの紅白歌合戦出場が話題になっている篠原涼子さんの『恋しさと切なさと心強さと』原曲と、

『恋しさと切なさと心強さと2023』の違いについてお伝えしました。

28年経っても色褪せない名曲に、改めて小室哲哉さんのアレンジの素晴らしさと、篠原涼子さんの歌唱力に注目が集まっています。

当時を知る世代も、初めて聞く世代にも、心打たれる名曲であることは間違いないでしょう。

紅白歌合戦でお二人の姿を見ることができるのが楽しみですね。

篠原涼子さんと息子さんが似ているのか検証してみました。

また、工藤静香さんも24年ぶりに紅白出場されます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

目次
閉じる